本文へ


鉄筋探査機 使用手順 ウォールスキャナー D-TECT 100CNT

トップ > レンタル機器 > ウォールスキャナー D-TECT 100CNT > 鉄筋探査機 使用手順 ウォールスキャナー D-TECT 100CNT

各部名称

ウォールスキャナー D-TECT 100CNT

  1. ディスプレー
  2. 電源 ON/OFFボタン
  3. ディスプレー照明ボタン
  4. モード選択ボタン
  5. 探知スタートボタン

ウォールスキャナー D-TECT 100CNT

  1. 単3形アルカリ乾電池 4本
    または
    単3形充電式ニッケル水素電池 4本

2.探査前の初期操作

2-1 本体に電池をセットする

使用電池

単3形アルカリ乾電池 4本、または単3形充電式ニッケル水素電池 4本
※ 同種で、同一メーカーの電池を使用してください。
※ 電池を交換するときは、常に新しい電池を4本セットで交換してください。

使用電池

プラス(+)極・マイナス(-)極の向きを電池収納部内のマークに合わせて、電池をセットします。

2-2 電源を入れる

電源を入れる

『電源 ON/OFFボタン』または『探知スタートボタン』を押します。

↓

ディスプレーにスタート画面が表示されます

ディスプレーの左上に電池マークが表示された場合は、電池の容量が残り少なくなっています。
新しい電池を用意してください。

3.探査手順

表示部

表示部

a:
探知モードの種類
b:
探知感度
c:
対象物までの深さ(目盛り)
d:
灰色部:未探知域
e:
本機の両端
f:
本機の中心線
g:
探知された対象物の中心
h:
探知された対象物
i:
白色部:探知完了域

モード

Mode 1

乾燥したコンクリート(打設後3ヶ月以上経過しているコンクリート)で埋設物の深さを探知する。

Mode 1

Mode 2

湿ったコンクリート(打設後1ヶ月以上経過しているコンクリート)で、埋設物の深さを探知する。

Mode 2

Direct Mode

埋設物の場所を探知します。

Direct Mode

3-1 探知する

  1. ガイドローラーが確実に探知対象面に接触するように軽く当てます。

    作業中、ガイドローラーが探知対象面から浮かないように注意してください。

    ガイドローラーが確実に探知対象面に接触するように軽く当てます

  2. 一方向に、真っすぐ8cm以上本機を動かします。

    一方向に、真っすぐ8cm以上本機を動かします

  3. 一方向の端まで探知したら、開始位置まで戻ります。

    一方向の端まで探知したら、開始位置まで戻ります

  4. 埋設物の位置を特定し、マーキングします。

    マーキング

    埋設物の位置を特定し、マーキングします

    探知をやり直したり別のところを探知したりするときは、『探知スタートボタン』を押すか本体を探知面から離します。

    探知スタートボタン

4.注意事項

  • 風雨にさらされたり、湿度の高いところに置かないでください。
  • 直射日光が当ったり、車中など高温になるところには置かないで下さい。
  • 本体を濡れた状態で使用しないでください。
レンタル機器
ヒルティ フェロスキャン PS200
プロフォメーター5+
ボッシュ ウォールスキャナーD-TECT100CNT
ボッシュ ウォールスキャナーD-TECT150CNT
ストラクチャスキャン SIR-EZ
電磁波レーダー法 鉄筋探査機